string(56) "/column/column_tag/%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E3%82%BC%E3%83%AD/"
string(10) "column_tag"

『残業ゼロ』の労働関連コラム

2016.10.01【書評】
【今週の労務書】『生産性が高い「残業ゼロ職場」のつくり方』

働き方改革のきっかけに 「定時退社でも業績は上げられる」の副題が添えられた本書は、いかに生産性を上げつつ残業ゼロをめざすかがコンパクトにまとめられている。 長時間労働の原因を作っているのが会社の場合もあると指摘する。9~18時といったように労働時間が硬直的になっているためにムダな残業が発生している場合があるとし、時差出勤やフレックスタイム……[続きを読む]

Amazonにリンクします
2016.06.22【書評】
【今週の労務書】『小さな会社でもできた! 残業ゼロの労務管理』

生産性のアップを実現 本書は、企業の残業削減を支援してきた特定社会保険労務士と、試行錯誤しながら1年をかけて残業を劇的に減らした小さな企業の経営者による共著。書名にある「残業ゼロ」をめざすといっても、残業代の削減をめざすものではなく、生産性をアップさせて長時間労働を撲滅し、最終的には従業員の賃金アップにつなげるのが、本書が提案する残業削減……[続きを読む]

Amazonにリンクします
2013.09.09【書評】
【今週の労務書】『会社を劇的に変える! 残業をゼロにする労務管理』

最強組織を"望月式"で 本書の中で著者が繰り返し述べるのは、「残業ゼロは、残業代の削減が目的ではなく、これまで以上の成果を上げる最強組織を作り上げること」。 「そんなの無理、不可能に決まっている」――従来の管理手法に慣れた経営者からそんな批判が聞こえてきそうだが、すでに100社あまりの企業に「残業ゼロ」コンサルテーションを施してきたという……[続きを読む]

Amazonにリンクします

年月アーカイブ

ページトップ