『労働基準監督署』の労働関連コラム

2019.09.09 【監督指導動向】
労働災害多発で緊急要請 陸上貨物は昨年同時期の3倍に 神奈川・小田原労基署

 神奈川・小田原労働基準監督署(千葉幸則署長=写真右)は8月23日、管内で労働災害が多発していることを受け、労働災害防止団体に対して緊急要請を行った。昨年同時期に比べて建設業で8人、陸上貨物運送事業で17人増加している(1~7月速報値)。  件数が約3倍に急増した陸上貨物運送事業では、荷役作業中の墜落・転落や荷物運搬時の動作の反動による被……[続きを読む]

2019.09.09 【監督指導動向】
衛生管理の体制整備を 目的持った委員会討議で 東京・新宿労基署が講習会

 東京・新宿労働基準監督署は8月20日、管内の50人以上の事業場を集め、労働衛生管理体制の整備のための講習会を開催した。事業場の衛生管理体制整備と活動の活性化が狙い。講習会冒頭で大久保純子副署長があいさつし、「衛生管理体制を確立し、作業環境管理、作業管理、健康管理を効果的に推進していただく必要がある」と事業場での衛生管理の活性化を求めた。……[続きを読む]

2019.08.02 【監督指導動向】
職場環境改善の取組み推進を 東京・新宿労基署 メンタルヘルス講習会を開催

 新宿労働基準監督署(金田文人署長)は7月23日、メンタルヘルス対策講習会を開催した。管内事業場の安全衛生担当者などを集め、「メンタルヘルス対策は喫緊の課題」としたうえで、不調になる前の未然防止を図る「一次予防」の重要性を強調。ストレスチェック後の集団分析を活用した職場環境整備に取り組むよう求めた。  講義には、東京産業保健総合支援センタ……[続きを読む]

2018.12.11 【監督指導動向】
安全な職場づくりの意識新たに 無災害現場が取り組み紹介 新宿・中野・杉並地区で労災防止推進大会

 東京・新宿労働基準監督署(本間裕之署長)と(一社)新宿労働基準協会、建設業労働災害防止協会東京支部新宿・中野・杉並分会は12月6日、年末年始労働災害防止推進大会を開催した。    会場では、今年の安全衛生表彰を受賞した(仮称)中野区江古田三丁目計画C街区新築工事の寺岡博満統括所長((株)淺沼組東京本店)が、作業所の取り組んだ労働災害防止……[続きを読む]

2018.02.21 【監督指導動向】
第3次産業の労災防止へ好事例を紹介 亀戸労基署 安全管理セミナー

 東京・亀戸労働基準監督署(久末吉一署長)は、第3次産業安全管理セミナーを東京・江東区のティアラこうとうで開催した。労働災害の多い第3次産業で安全衛生活動の水平展開を目的としたもので、管内の事業場から安全担当者など67人が参加した。  セミナーでは、創意工夫を凝らした安全対策に取り組む事業場として、イベント会場設営など総合ディスプレイ業の……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ