string(34) "/column/column_category/editorial/"
string(15) "column_category"

社説

2017.11.13【社説】
【主張】染み付いた“デフレ思考” NEW

 先ごろ開催された経済財政諮問会議において、3%賃上げ実現に向けたシナリオが描かれた。最大の障壁とされたのは、大手企業経営者が日本経済の先行きと自社の長期的経営に十分自信が持てず、中長期的なコスト負担増となる賃上げに踏み切れないでいることにあるという。 バブル崩壊以降、多くの経営者はコストカットに専念し、デフレ対応に追われたのが実情だった……[続きを読む]

2017.11.09【社説】
【ひのみやぐら】荷役作業では保護帽を

 以前、ある事業場で行った危険体感訓練を取材した。教育メニューには、墜落の衝撃を体感するものがあり、2年経った今でもはっきりとした記憶が残っている。講師は「人の頭はカボチャと同じくらいの硬さ」と言い、事務所2階から落とした。……[続きを読む]

2017.11.06【社説】
【主張】押し上げたい労働分配率

 雇用情勢が大きく好転しているにもかかわらず、見合った賃金水準の上昇がなく、結果として消費拡大につながらない事態が続いている。背景には、労働分配率の下落傾向があり、なんとしても改善を図る必要がある。日本経済がデフレ脱却、成長率拡大をめざすなら、企業は改めて労働分配率のあり方を問い直すべきである。 厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、20……[続きを読む]

2017.10.30【社説】
【主張】働き方改革推進に追い風

 総選挙によって、国民の審判が下された。自民党、公明党の連立政権が推進してきたアベノミクスと働き方改革が圧倒的に支持されたと考えて良い。政府は、労働基準法改正を柱とする働き方改革に勢いをつけ、労働環境の改善と経済成長の達成に躊躇なく邁進してもらいたい。 労基法改正に対する与党のこれまでの対応姿勢は、極めて消極的だった。……[続きを読む]

2017.10.26【社説】
【ひのみやぐら】自分の組織を見つめ直す

 人間の集団ができると、それなりに個性がでてくる。分かりやすい例でいえば、プロ野球チームがそうだろう。同じように、企業にも社風があり、さらに職場ごとに個性がある。「あの部署は、話が通りやすい」「○○課は堅い」など日常会話でよく使っていることだろう。……[続きを読む]

hinomi

年月アーカイブ

ページトップ