企業の6割強 「人事部門が競争力アップに貢献」 能率協会調べ

2021.01.09 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本能率協会が公表した「日本企業の経営課題2020」によると、「人事部門は、自社の競争力を高めることに貢献できているか」との質問に対して、肯定的に考えている企業が合計で全体の6割強占めている。

 内訳をみると、「とてもそう思う」が2.8%、「そう思う」が20.5%、「ある程度そう思う」が41.2%となっており、合計は62.5%に上る。否定的な意見としては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ