家族手当 子供ありのケースで支給額がアップ 人事院調査

2020.12.28 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 家族手当について「配偶者+子」のケースでは支給額がわずかにアップ――こんなデータが、人事院が取りまとめた「令和2年職種別民間給与実態調査」で判明している。

 「家族手当制度がある」とした企業の割合は75.9%で、前年の調査結果と比較して2.1ポイント減少している。

 扶養家族の構成別に支給額をみると、「配偶者に家族手当を支給している」が1万2711円、「配偶者と子1人」が1万9454円、「配偶者と子2人」が2万5778円だった。前年調査との比較では順に、224円減、301円増、829円増となっている。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ