賃金未払いでNPO法人を書類送検 諫早労基署

2017.01.20 【送検記事】

 長崎・諫早労働基準監督署は、所定支払日に賃金を支払わなかったとして、障害者支援事業を行う特定非営利活動法人レインボーブリッジ(長崎県諫早市)と同法人理事を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで諫早区検に書類送検した。

 同法人は、労働者9人に対し、平成27年4月分の賃金合計127万4,424円を所定支払日に支払わなかった。理由として、「経営が苦しく、支払うべき賃金を別の経費に充てた」と述べている。同法人は現在倒産しており、同労働者らは、未払賃金立替払制度による支払いを受けた。
【平成28年12月9日送検】

あわせて読みたい

ページトップ