7カ月分の賃金を不払い タクシー業者を送検 福山労基署

2017.01.18 【送検記事】

 広島・福山労働基準監督署は、労働者に賃金を支払わなかったとして、タクシー業の㈱ワールド(広島県福山市)と同社代表取締役を労働基準法第24条(賃金の支払)違反の容疑で広島地検福山支部に書類送検した。労働者3人に対し、平成2711月~28年5月の7カ月間、合計1566,042円を支払わなかった疑い。

 同労基署は、28年7月に労働者から賃金不払いに関する相談が寄せられたことから調査を開始した。同社は平成28年5月末に事業場を閉鎖。支払われなかった賃金は、国の未払賃金立替払制度により8割相当額が支払われている。

【平成2812月7日送検】

あわせて読みたい

ページトップ