特定処遇改善は6割超が加算へ 介護労働安定センター調べ

2020.10.04 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益財団法人介護労働安定センターは、令和元年度の「介護労働実態調査」をまとめた。昨年10月に創設された介護職員等特定処遇改善加算の対応について、6割以上の事業所が「加算を算定する」との意向を示している。

 同改善加算は、「勤続10年以上の介護福祉士について月額平均8万円相当の処遇改善を行う」との方針で策定されたもの。「算定する」と「算定する予定」の合計は、63.5%に上っている。

 加算を算定する意向の割合を法人格別にみると、民間企業56.6%、社会福祉法人52.1%、医療法人69.2%などとなっている。法人格規模別では、規模が大きくなるほど算定する意向が高まっている。19人以下では41.7%なのに対し、500人超では86.5%となっている。

あわせて読みたい

ページトップ