平均妥結額5950円 2年連続ダウン 大阪府・春季労使交渉の集計結果

2020.07.11 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪府は、令和2年の大阪府内の労働組合における春季労使交渉に関する妥結状況を取りまとめた。妥結額、賃上げ率ともに2年連続の減少となっている。それぞれ、5950円(前年6201円・251円減)、1.99%(同2.11%・0.12ポイント減)だった。

 企業規模別に妥結額をみると、1000人以上の大手企業で大きくダウンした。6060円で前年から5.6%低減している。300~999人の中堅企業は5582円(3.6%減)、299人以下の小企業は5233円(0.9%減)となっている。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ