がん保険など会社負担で加入の企業も 治療と仕事の両立で事例集作成 愛知県

2020.06.20 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知県は、企業における治療と仕事の両立支援の促進に向けた事例集を作成した。6社の取組み例を掲載している。

 従業員38人の段ボール生産ラインの検査機器製造会社では、全従業員のがん保険や医療保険などについて、会社負担で加入している。月額最大5000円の家族保険手当の支給も行っている。

 窯業メーカー(従業員単体271人)では、治療しやすい環境づくりに向けて1週間の所定労働時間を16時間以上30時間未満とする短時間勤務社員制度を用意。範囲内であれば、勤務する日数や時間を自由に決められる。

あわせて読みたい

ページトップ