同一労働同一賃金 「ガイドライン」の認知度は8割弱 大阪府調べ

2020.05.18 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪府がまとめた令和元年度の労働関係調査で、企業の「同一労働同一賃金」に関する認知度は9割以上と高率なものの、「ガイドライン」の認知度は8割弱にとどまっていることが判明した。調査は令和元年7月31日を基準日として、大阪府内の常用労働者30人以上の民間企業の中から6000事業所を無作為抽出して行ったもの。1982事業所から回答を得ている(回収率33.0%)。

 それによると、同一労働同一賃金について「知っている」と回答した事業所は95.3%に上った。一方でそのガイドラインについて「知っている」事業所は77.4%だった。認知度は企業規模に比例しており、30~99人は67.9%と低く、1000人以上では87.0%だった。

あわせて読みたい

ページトップ