入社3年以内の離職率は15% 職場定着への施策で最多は「研修・社内イベント」 東北6経協調べ

2020.02.16 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 入社3年以内の離職率は高卒14.9%、大卒14.8%――こんな結果が、東北6県の経営者協会が実施した雇用動向調査で明らかになっている。

 職場定着に向けて実施している施策(複数回答)では、「研修・社内イベント」が62.1%で最も多く、「コミュニケーションのとれる職場環境・雰囲気づくり」が58.0%で続いた。「資格取得支援・勉強会の実施」「本人の能力・適性にあった配置」「個別面談・カウンセリングの実施」の3項目はいずれも4割台で、「先輩社員によるメンター制度の導入」は23.8%だった。

 調査は令和元年9~10月に2279社を対象に実施したもの。800社から有効な回答を得ている。6県のうち、福島県は経営者協会連合会。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ