勤務間インターバルなど導入 働き方改革で「知事表彰」を決定 三重県

2020.01.12 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 三重県は、令和元年度「みえの働き方改革推進企業」に登録した65法人の中から知事表彰を決定した。ベストプラクティス賞には、「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」を掲げて在宅勤務制度の導入や勤務間インターバル制度を導入している住友電装㈱(四日市市)が選ばれている。特定子会社の設立や、LGBT相談窓口の設置などにも取り組んでいる。

 グッドプラクティス賞には、建設業・福祉事業の㈱石吉組(志摩市)と製造業の㈱光機械製作所(津市)を、奨励賞には製造業の東海住電精密㈱(菰野町)を選出した。

あわせて読みたい

ページトップ