校長の言動がパワハラに 教諭を一方的に非難 被害者にもかかわらず 東京高裁

2019.09.30 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 山梨県の教諭が、犬に咬まれた被害者にもかかわらず謝罪を強いられたなど、校長の言動がパワハラに当たりうつ病になったとして、公務外災害認定の取消しを求め地方公務員災害補償基金を訴えた裁判で、東京高等裁判所(村上正敏裁判長)は、パワハラと認め、公務起因性があったとして取消しを命じる判決を下した。校長が十分な聴取を経ずに一方的に原告を非難したとしている。児童の面前で叱責するなど、従前の関係性も拍車をかけたとした。

 昭和58年に教諭となった原告は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ