580万円未払いで書類送検 飲食業の個人事業主 岡山労基署

2016.10.31 【送検記事】

 岡山労働基準監督署は、賃金を支払わなかったとして、飲食業を営む岡山県岡山市の個人事業主と営業統括の計2人を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで岡山地検に書類送検した。さらに、時間外労働に対する割増賃金も支払っていなかった。

 個人事業主は、平成26年12月26日~27年12月25日の1年間、雇用していた労働者2人に対し、所定支払日に賃金を支払っていなかった。その総額は450万1,187円に及ぶ。割増賃金合計130万5,219円も未払いのままだった。「現在支払いに向け努力している」(同労基署)という。

【平成28年9月21日送検】

あわせて読みたい

ページトップ