賃金不払いの是正指導応じず 学習塾2法人を経営する代表取締役を送検 新潟労基署

2016.10.14 【送検記事】

 新潟労働基準監督署は、労働者に対して賃金を支払わなかったとして、学習塾、教材販売を行う㈱学栄舎(新潟県新潟市中央区)、学習塾を営む㈱リベール・コーポレーション(同)と2社を経営する代表取締役の計2法人1人を、最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で新潟地検に書類送検した。

 2社は平成28年7月、学栄舎では労働者1人に対して168,000円、リベール・コーポレーションでは労働者2人に対して316,000円の賃金を支払わなかった疑い。立件対象期間以外にも賃金不払いは横行しており、同労基署が行った是正指導にも応じなかったという。

 賃金不払いの理由は経営不振。現在は、学栄舎に事業を一本化するかたちで経営を存続している。

【平成28年9月16日送検】

あわせて読みたい

ページトップ