安全帯の使用状況を監視せず土木工事業社を送検 宇和島労基署

2016.10.12 【送検記事】

 愛媛・宇和島労働基準監督署は、墜落防止措置を怠ったとして、土木工事業の北浜工業㈱(愛媛県八幡浜市)と同社現場代理人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で松山地検に書類送検した。平成28年7月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 同社は八幡浜市内でのり面補修工事を行っていた。被災者は、地上から高さ4メートル付近でロープ高所作業による補強工事をしていた際、何らかの理由で安全帯を外し墜落した。同現場代理人は、高所作業時の安全帯の使用状況を適切に監視しなかった疑い。

【平成28年9月13日送検】

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ