安全な昇降装置設けず送検 派遣労働者が墜落し意識不明の重体に 船橋労基署

2019.07.03 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉・船橋労働基準監督署は労働者が約4メートル下の掘削面に墜落し重傷を負った労働災害で、髙松建設㈱(大阪府大阪市)と同社の現場所長を労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)違反、柏崎建設㈱(東京都文京区)と同社の現場職長を同法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。

 労災は平成30年10月3日、千葉県市川市内のマンションの建設工事現場で起きた。髙松建設は元請、柏崎建設は基礎工事を請け負っていた。現場では基礎工事のため、約9.05メートルの深さまで掘削をしていた。55歳の男性労働者が昼休憩のために地下から地上に上がる途中で、約4メートルの高さから墜落した。労働者は頚椎損傷の重傷を負い、現在も意識が回復していないという。

 地下から約4メートルの地点までははしご、4メートル地点から地上までは階段が設けられていた。はしごから階段の間は土止めのためのつっぱりで繋いでおり、…

【令和元年6月13日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ