2カ月間にわたり労災を隠蔽 郡山労基署が除染業者を送検

2016.09.26 【送検記事】

 福島・郡山労働基準監督署は、除染業を営む㈱INOKO(岡山県岡山市東区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で、福島地検郡山支部に書類送検した。休業4日以上の労働災害が発生したにもかかわらず、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった疑い。

 3次下請である同社は、平成2710月、郡山市内の個人住宅で除染業務を行っていた。その際、同社労働者が現場内で転倒し右手首を骨折し、1週間休業している。

 2カ月後、元請業者が労基署へ労災発生を報告したことから隠蔽した事実が明るみに出ている。

【平成28年9月7日送検】

あわせて読みたい

ページトップ