在留資格や社会保障の見直しを 関経連が多様な人材で提言

2019.06.04 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 関西経済連合会は、「多様な人材の柔軟な働き方を実現する雇用のあり方」に関する提言を取りまとめた。2025年の国際博覧会に向け、建設業などにおいて労働力需要の高まりが見込まれるとして、「外国人労働者の受入れ拡大は避けて通れない」とした。政府に対し、日本語教育や住居手配なども含め、受け入れた外国人材が働きやすく暮らしやすい環境を、自治体と連携して整備するよう求めている。

 大学や大学院を…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ