ホワイト企業ランキングTOP100を公開 安全衛生優良企業マーク推進機構

2019.06.01 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 安全衛生優良企業マーク推進機構は、6月1日の採用活動選考解禁に伴い、独自のデータベース「優ジロウ」を元に集計したホワイト企業ランキングTOP100を公開した。厚生労働省や経済産業省が健康で働きやすい職場づくりに取り組む企業を認定の取得数などから評価し、優れた職場環境の企業を順位付けしている。今回の1位はセイコーエプソン㈱で、2位:㈱朝日新聞社、3位:㈱群馬銀行、4位:日本電気㈱、5位:富士ゼロックス㈱と続いた。

 評価の対象とした働きやすい職場の認定は、厚生労働省の安全衛生優良企業認定、くるみん認定や経済産業省の健康経営優良法人認定など7種類。認定の取得状況のほかに、月平均残業時間、平均の法定時間外労働60時間以上の労働者数、新卒者の採用・定着状況(前年度)、36協定の上限(特別条項を含む)、平均有給取得率を選定基準にしている。

https://shem.or.jp/top100

あわせて読みたい

ページトップ