ノー残業デーの導入率67.6% 生産性向上効果があるのは「フレックスタイム制度」 生産性本部・調査

2019.06.19 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ノー残業デー(ウイーク)を7割弱の企業が、フレックスタイム制度を5割強の企業が導入――日本生産性本部が上場企業に対して実施した「第16回日本的雇用・人事の変容に関する調査」で、こんな結果が明らかになっている。

 調査は平成31年1~3月、上場企業に対して実施し、102社から回答を得た(回答率5.2%)

 働き方改革の見直しにつながると思われる施策の導入率では、「ノー残業デー(ウイーク)の設定」(67.6%)、「フレックスタイム制度」(53.9%)の2項目がめだって多い。やや差が付いて…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ