優良現場代理人を表彰 安全確保の取組みも評価 JKK東京

2019.05.23 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

表彰状を手渡す中野秀昭住宅営繕部長(右)

 東京都住宅供給公社(JKK東京)は5月20日、営繕工事優良現場代理人等表彰式を開催した。JKK東京が施工した請負工事のうち、工事の品質と安全の確保、住民との連絡調整などで特に優秀な成績を修めた現場代理人、主任技術者、工事監理者を表彰するもので、今回で4回目を迎える。(株)開発機工、広拓建設(株)、(株)田島工務店、(株)ハヤカワ、丸和建設(株)が請け負った5件の工事について、現場代理人の功労を称えた。

 団地アパートの改修や防水工事などでは、作業員の安全管理だけでなく、居住する住民にも危険が及ばないよう細心の注意が必要とされる。社内での安全教育のほか、工事車両の適切な誘導や作業エリアの明示など、現場で講じた工夫や配慮を高く評価している。

あわせて読みたい

ページトップ