電線工事中に感電死 九電工を書類送検 佐伯労基署

2016.09.13 【送検記事】

 大分・佐伯労働基準監督署は、感電防止措置を怠った㈱九電工(福岡県福岡市南区)と同社佐伯営業所配電課副班長(当時)を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大分地検に書類送検した。平成27年8月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 被災者は、同副班長とともに佐伯市内で電柱建替工事に従事していた際、通電していた古い電線に触れて感電した。同社は電線に絶縁用防具を設置しなければならなかったにもかかわらず、これを怠っていた疑い。

【平成28年8月4日送検】

あわせて読みたい

ページトップ