重機を無資格運転させ送検 淀川労基署

2015.11.10 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪・淀川労働基準監督署(田中精一署長)は、無資格で労働者にドラグ・ショベルを運転させた鳶・土工工事業の(株)サンエイ(大阪府大阪市東淀川区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成27年7月、同労働者が社有地内で荷卸し作業中に死亡する労働災害が発生している。

 同社は、被災者に対して日常的に無資格の状態でドラグ・ショベルを運転させていた。「私有地内での使用なので無資格でもいいと思っていた」などと供述している。さらに事故当日、ドラグ・ショベルを用途外使用させてたことも判明。本来は禁止事項である荷の吊り上げを命じており、同法第61条(就業制限)違反の疑いでも処分されている。

【平成27年11月5日送検】

あわせて読みたい

ページトップ