車両と接触する範囲で労働者に作業させ送検 高岡労基署

2015.11.03 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 富山・高岡労働基準監督署(飯澤聡署長)は、労働者をフォークリフトと接触する危険がある範囲に立ち入らせた合金鉄製造販売業のJFEマテリアル(株)(富山県射水市)と同社の安全管理を統括する部長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で富山地県高岡支部に書類送検した。労働者が左足の膝より下を切断する労働災害が発生していた。

 被災者は昨年11月、同社工場内で天井クレーン操作作業に従事していたところ、荷の積み込みをしていたフォークリフトと接触した。同社では日常的に車両との接触の危険がある範囲に労働者を立ち入らせていた疑いが強い。

【平成27年10月13日送検】

あわせて読みたい

ページトップ