賃金不払いで建設工事業者を送検 大阪中央労基署

2016.08.19 【送検記事】

 大阪中央労働基準監督署は、労働者に対して賃金を支払わなかった建設工事業の水都㈱(すいと=大阪市中央区)と同社代表取締役を労働基準法第24条(賃金の支払)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 同社は、労働者1人に対して平成27年4月3~30日までの賃金1799円と、5月1~18日までの93987円を支払わなかった疑い。「他にも複数の労働者に対して賃金を支払っていなかった」(同労基署捜査担当者)という。

 労働者が労基署へ労働相談をしたことから、違反が発覚した。

【平成28年7月1日送検】

あわせて読みたい

ページトップ