プレス機の検査怠った製缶業者送検 大阪中央労基署

2016.08.26 【送検記事】

 大阪中央労働基準監督署は、プレス機の特定自主検査を怠った江戸川製罐㈱(大阪府大阪市鶴見区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第45条(定期自主検査)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成27年8月に発生した労働災害をきっかけに、違反が発覚している。

 労災は、同プレス機を同社労働者が使用していた際に発生、指2本を切断している。

 同労基署が、同社から提出された労働者死傷病報告に基づき裏付け捜査を行ったところ、24年9月以降1度も特定自主検査を実施していないことが発覚した。法律では1年に1度、特定自主検査をすることが義務付けられている。

【平成28年6月30日送検】

あわせて読みたい

ページトップ