賃金未払いの水産食料品加工業者を送検 五所川原労基署

2016.08.17 【送検記事】

 青森・五所川原労働基準監督署は、各月の所定支払期日までに賃金を支払わなかったとして、水産食料品加工・販売業の㈱白神フードサービス(青森県西津軽郡)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで青森地検弘前支部に書類送検した。期日どおり支払わなかった理由として、同社は経営不振を挙げている。

 同社は、平成27年6月~28年5月、労働者7人に対して所定支払期日に賃金を全額払わなかった疑い。総額は1608,603円に及ぶ。そのうち6人に対する1453,241円は所定支払期日後の内払いとして全額支払ったものの、労働者1人に対する155,362円は、712日時点で未払いのままとなっている。

【平成28712日送検】

<追記> 平成29年3月17日

 同社によれば、「財務状況も改善したため、現在は健全な経営になっている」という。

あわせて読みたい

ページトップ