移動式クレーンで労働災害 漁業組合を書類送検 室蘭労基署

2016.06.29 【送検記事】

 無資格者に移動式クレーンを運転させ処分――北海道・室蘭労働基準監督署は、いぶり噴火湾漁業協同組合(北海道虻田郡洞爺湖町)と同組合豊浦支所長を労働安全衛生法第61条(無資格者による移動式クレーンの運転)違反の容疑で札幌地検室蘭支部に書類送検した。

 同組合は平成2711月5日、豊浦漁港内で資格を持たない労働者に吊り上げ荷重2.93トンの移動式クレーンを運転させた。同労働者が鮭定置網を吊り上げさせたところ、クレーンがバランスを崩し横転、付近で作業していた別の労働者に激突した。被災者は頭部に怪我を負い、現在も休業している。

【平成28年6月3日送検】

あわせて読みたい

ページトップ