廃材投げ下ろし中に転落死 解体業者を送検 前橋労基署

2016.06.28 【送検記事】

 群馬・前橋労働基準監督署は、墜落防止措置を怠った建造物解体業のナグモコーポレーション(群馬県前橋市)と同社取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで前橋地検に書類送検した。

 平成28年2月、同社労働者が工場建屋の解体工事現場2階床面で、地上へ解体した部材を投げ下ろす作業に従事していたところ、墜落して死亡する労働災害が発生していた。同社は墜落の恐れがあったにもかかわらず、手すりを設置したり被災者に安全帯を使わせるといった墜落防止措置を怠っていた疑い。

【平成28年5月30日送検】

あわせて読みたい

ページトップ