派遣先でのトラブルを理由とする解雇をめぐるあっせん事例

2016.06.12 【助言・指導 あっせん好事例集】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

紛争の背景

 申請人Xは、A社に昭和○年に採用された。

 これまでの勤務態度は良好で、販売成績についても常にトップクラスであった。

 A社は、過去のXの勤務態度等からもいじめをするとは考えられなかったが、A社は事実関係を調査していなかった。

 今回の派遣の打ち切りは、取引先であるXの派遣先の百貨店の意向であるので、事業主(被申請人)としても応じざるを得なかった。

 Xの別店舗への異動も社内で検討したが、他に欠員が出る予定もなく、売場の採算性から考えても新たな枠を確保することは困難であり、内勤についても同様の理由で断念した。

紛争当事者の主張

申出人X(労働者)

 いじめを行った事実はなく、解雇を撤回してもらい、別の支店で働きたい。これが無理であれば、退職金とは別に補償として6カ月分の賃金相当額の支払いを求めたい。

被申出人Y(事業主)

 解雇の撤回はできないので、金銭補償による解決を求める。補償金として4カ月分の賃金相当額ならば支払いに応じる旨の申出を行った。

あわせて読みたい

ページトップ