女性活躍推進に向け、認定制度「かわさき☆えるぼし」創設 川崎市

2018.10.10 【Web限定ニュース】

 神奈川県川崎市は、中小企業の女性活躍を推進するため、新たな認証制度「かわさき☆えるぼし」を創設した。

 対象は、従業員数300人以下の事業主。フレックスタイム制度の利用者がいる場合には1点といったように、取組みごとに点数が設定されており、認定を受けるためには、合計8点以上取得する必要がある。

 トップによる方針の表明といった意識・職場風土の醸成、キャリア形成支援、女性の非正規から正規への転換のような女性活躍推進の3項目については、それぞれ何かしらの取組みをしていることが必須である。

 このほか、長時間労働の是正、多様な働き方の推進、仕事と生活の両立支援などが評価項目に含まれている。独自の取組みをしていたり、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定していることも対象となる。

 認定を受けると、認証マークを名刺や企業WEBページで利用できる。また、公共調達における受注機会の拡大なども検討中とした。認定した企業の取組みを広く周知するため、好事例集を作成する意向も示している。

 認定の申請は、11月15日まで受け付けている。

あわせて読みたい

ページトップ