300万円以上の賃金不払い 通信回線代理店を書類送検 大阪中央労基署

2016.05.25 【送検記事】

 大阪中央労働基準監督署は、労働者に対して賃金を支払わなかった通信回線利用加入者の募集に関する代理店業を営む㈱G.ICommunication(大阪府大阪市平野区)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。

 同社は、労働者13人に対して平成27年3~5月の定期賃金を支払わなかった。不払い賃金の総額は300万円を超えている。労働者から労基署へ「賃金が支払われない」と相談があったことから、賃金不払いが発覚した。

 同社は27年6月末に、事実上の倒産状態となっている。

【平成28年4月26日送検】

あわせて読みたい

ページトップ