外国人留学生採用が盛況 国内就職10年で3倍 国による採用支援も充実

2018.06.06 【Web限定ニュース】

 人手不足が深刻化するなか、外国人留学生の採用が盛り上がりをみせている。日本に就職する留学生は平成17年に5878人だったが、28年には1万9435人に増加した。少子高齢化が進み、若手確保に苦慮する企業から留学生に熱い視線が向けられている。

 5月21日に埼玉労働局が開催した留学生雇用セミナーには、採用を検討する企業55社・74人が集まった(写真)。昨年同時期のセミナーの参加者が20社だったことから、関心の高まりがみてとれる。同労働局の雇用対策課は「人手不足でとくに中小企業でニーズが増加しているようだ」と話す。

 今年度の大学の新卒求人倍率は1.88倍で7年連続の上昇となった。中小企業は9.11倍と、調査開始以来最高の数字で新卒市場の厳しさは年々増している。同労働局の留学生雇用セミナーには、優秀な若手人材を確保しようと、多くの企業の担当者が集まった。

 セミナーでは、プラスチック金型の製造・販売などを営む川島金属㈱(埼玉県川口市、川島康裕代表取締役)の太田由香氏が自社の留学生採用の取組みを発表した。同社は23年に中国人の元留学生を採用したのを皮切りに、これまで計22人を採用。採用には販路拡大など大きなメリットがあったという。

 留学生の採用では、卒業後の在留資格変更が必須となる。入国管理局に提出する書類の中では「採用理由書」が最も重要。採用理由書のポイントについて、太田氏は「記載する担当業務は、外国人材でないとできない業務である必要がある」と指摘した。

あわせて読みたい

ページトップ