フォークリフトを用途外使用した漁業組合を送検 釧路労基署

2016.05.03 【送検記事】

 北海道・釧路労働基準監督署は、フォークリフトを用途外使用した釧路市東部漁業協同組合(北海道釧路市)と同組合専務理事を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで釧路地検に書類送検した。労働安全衛生規則では、労働者を乗せて昇降するなど主たる用途以外で使用することを原則として禁止している。

 平成27年12月24日、同社労働者が、大型水槽の中に別の労働者を乗せてフォークリフトで持ち上げた。その際、バランスが崩れて水槽が落下するとともに、乗っていた労働者も墜落、死亡している。

【平成28年3月16日送検】

あわせて読みたい

ページトップ