上司・同僚との人間関係が不安材料 新入社員意識調査 能率協会調べ

2018.05.08 【Web限定ニュース】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本能率協会は、新入社員意識調査の速報を発表した。仕事をしていくうえでの不安として、上司・同僚との人間関係を挙げる意見がめだっている。

 調査は4年ぶりに実施したもので、能率協会が主催した公開教育セミナーの参加者352人から回答を得た。

 それによると、仕事をしていく上での不安は「上司・同僚との人間関係」が39.8%でトップとなり、「仕事に対する自分の能力・スキル」「ビジネスマナーや常識」が共に36.6%で続いた。転勤や人事異動を憂慮する割合は21.6%だった。

 理想的な上司や先輩のあり方について尋ねると、「部下の意見・要望を傾聴する」が33.5%で最も多い。「仕事の結果に対する情熱を持っている」「仕事で成果を上げ、上司から信頼されている」といった項目では、男性より女性の方が理想として挙げる割合が約5~7ポイント高かった。

あわせて読みたい

ページトップ