ローラーにひかれ作業員死亡 作業計画の作成指導を怠った元請業者を送検 渋谷労基署

2016.04.25 【送検記事】

ロードローラー 東京・渋谷労働基準監督署は、道路を締め固めるローラーを使用した道路復旧工事で下請業者に作業計画を作成するよう指導していなかったとして、元請の東京電設サービス㈱(東京都台東区)と同社現場責任者を労働安全衛生法第30条(特定元方事業者等の講ずべき措置)違反の疑いで東京地検に書類送検した。

 平成26年11月18日、同社が作業の統括管理をしていた道路復旧工事現場において、下請業者の労働者が運転していたローラーが交通誘導をしていた別の下請業者の労働者に接触し、死亡労働災害が発生している。同社は作業計画の作成を指導しなかったうえ、同じ場所で作業する下請業者間の連絡調整も怠っていた。

【平成28316日送検】

あわせて読みたい

ページトップ