夏のボーナス37万円超 3年連続増加 シンクタンク3社が予想発表

2018.05.01 【Web限定ニュース】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 民間企業の平成30年夏のボーナスが前年よりも1.2%~2.0%増え、37万円を超える見込みであることを民間シンクタンク3社が発表した。

 最も高い予想をしたのはみずほ総合研究所。所定内給与の伸びや春闘の賃上げ率の上昇、経常利益率の上昇見通しから前年比2.0%増の37万3725円と予想した。第一生命経済研究所の37万3000円(前年比+1.8%)、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは37万1010円(同+1.2%)と予想している。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ