「費用ない」と安全対策軽視 沖縄労基署が防音工事業者書類送検

2016.04.08 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 沖縄労働基準監督署は、躯体と足場の間に生じた隙間に安全な通路を設けなかった防音工事業者の㈲サニーズハウジング(沖縄県中頭郡北谷町)と同社常務を労働安全衛生法第23条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で那覇地検沖縄支部に書類送検した。

 平成28年8月、同社労働者が民家の防音工事に従事していたところ、躯体と足場に生じた40センチ程度の隙間から墜落する労働災害が発生。同社は、隙間に対して足場板を渡して固定し、手すり等を設けて安全な通路を設置しなければならないと知っていたものの、民間工事のため予算に上限があり、安全対策を怠っていた。

【平成28年3月17日送検】

あわせて読みたい

ページトップ