漁業繁忙期で4週間休日与えず 十和田労基署が運送業者を送検

2016.04.18 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 青森・十和田労働基準監督署は、平成26年9~10月の4週間にわたって労働者に1日も休日を与えなかった㈱おいらせ輸送(青森県上北郡)と同社代表取締役を労働基準法第35条(休日)違反の容疑で青森地検八戸市部に書類送検した。同社は、八戸港で水揚げされた魚介類を輸送する業漁業 魚務をしており、8~11月は水揚げ量がピークになることから、毎年長時間労働となっていた。

 同労働者は同年1018日、荷捌き作業中に心筋梗塞を発症し、その後労災申請を請求。同労基署は業務との関連性が強いと判断し、平成2711月に労災認定をしている。労災申請のなかで違法な休日労働が発覚し、処分に至っている。

 【平成28年3月14日送検】

あわせて読みたい

ページトップ