作業主任者選任せず墜落災害発生させ送検 諫早労基署

2015.09.29 【送検記事】

 長崎・諫早労働基準監督署(川原勲署長)は、高さ5メートル以上の鉄骨部材を組み立てる際に作業主任者を選任しなかった㈱岩橋鋼建(佐賀県佐賀市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の容疑で長崎地検に書類送検した。鉄骨組立て作業に従事していた同社の労働者が、鉄骨上部から約10メートル墜落し、重傷を負っている。

 同社は平成27年4月、長崎県諫早市内のコガ生コン諫早工場新築工事現場で、作業主任者を選任しないまま鉄骨部材の組立て作業を行わせていた。

【平成27年9月17日送検】

あわせて読みたい

ページトップ