【今週の労務書】『実例解説 企業不祥事対応――これだけは知っておきたい法律実務』

2013.01.14 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q&A形式で実例解説

Amazonにリンクします

 本書は、各種不祥事や企業活動のなかで生じる反社会的勢力への対応策、海外事業展開上のリスクと予防策についてQ&A形式で解説している。

 企業不祥事に関する専門家集団が、実際に経験した事案等を素材に、原因と対策についても具体例を挙げて詳解している。

 「第三者委員会」「決算訂正・粉飾決算」「インサイダー取引規制」「役員・従業員の不正」など16のカテゴリーから60の質問を取り上げた。

 「内部通報制度を整備する際の留意点とは?」では、社内規定の作り方を解説する一方で制度の見直しをすること自体を規定として定めておくことが望ましいとアドバイス。

 悩み多き企業トップや法務担当に一読を勧めたい。

(西村あさひ法律事務所・危機管理グループ著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、2000円+税)

平成25年1月14日第2904号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ