ユンボのアタッチメントから墜落 貿易業者を送検 堺労基署

2017.05.19 【送検記事】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 大阪・堺労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、鉄・非鉄金属買取り輸出入業の華福貿易㈱(大阪府和泉市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。平成2811月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 被災者は、ユンボの解体用アタッチメントの上に乗り、資材置き場建設のための扉設置作業に従事していた際、5.2メートルの高さから地上に墜落した。

 【平成29年4月28日送検】

あわせて読みたい

ページトップ