労働者5人へ賃金不払い 砂利採取業者を送検 上越労基署

2017.05.12 【送検記事】

 新潟・上越労働基準監督署は、事業場に勤める労働者5人全員へ賃金を支払わなかったとして、砂利採取業の新進開発㈱(新潟県上越市)と同社代表取締役社長を労働基準法第24条(賃金不払い)違反の疑いで新潟地検高田支部に書類送検した。

 同社は、平成28年9月の賃金合計1342,704円を所定支払日である107日に全額支払わなかった疑い。経営不振が原因で、1111日をもって事実上の事業活動を停止している。

 同労基署に寄せられた労働相談が調査の端緒となった。

【平成29年4月5日送検】

あわせて読みたい

ページトップ