賃金2000万円を不払い 医療法人を書類送検 那覇労基署

2017.04.19【送検記事】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 沖縄・那覇労働基準監督署は、労働者に賃金を支払わなかったとして、「クリニックひがし野」の名称で事業を展開していた医療法人ティーシマ(沖縄県中頭郡西原町)と経営の一切を統括する同社の実質的代表者を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で那覇地検に書類送検した。平成281012月、労働者12人に対して総額8745400円を支払わなかった疑い。

 同医療法人は、経営不振が続いており2812月に事業停止している。立件対象期間以外にも不払いが発生しており、総額2000万円近くが払われていない。

 同労基署は2811月に「賃金が支払われない」と相談を受けたことから調査を開始、是正指導をしたものの改善がみられなかった。

【平成29年3月24日送検】

あわせて読みたい

ページトップ