令和2年度使用者による障害者虐待の状況等(厚労省)

2021.08.27 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通報・届出件数、虐待が認められた件数ともに減少、虐待が認められた障害者数(虐待種別)は「経済的虐待」が引き続き最多

 厚生労働省は、このたび、「令和2年度使用者による障害者虐待の状況等」を取りまとめた。

 ポイントは次のとおり。

1 通報・届出のあった事業所数、通報・届出の対象となった障害者数はいずれも前年度と比べ減少。
・ 通報・届出のあった事業所数 1277事業所(前年度比12.4%減)
・ 通報・届出の対象となった障害者数 1408人(同19.1%減)

2 虐待が認められた事業所数、虐待が認められた障害者数はいずれも前年度と比べ減少。
・ 虐待が認められた事業所数 401事業所(前年度比25.0%減)
・ 虐待が認められた障害者数 498人(同35.4%減)

3 受けた虐待の種別では、経済的虐待が419人(80.1%)と最も多く、次いで心理的虐待が56人(10.7%)、身体的虐待が24人(4.6%)。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

「令和2年度使用者による障害者虐待の状況等」の結果を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172598_00006.html

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。