賃金109万円不払い イタリアンバル経営会社を送検 大阪南労基署

2017.04.07 【送検記事】

 労働者4人に賃金109万円支払わず処分――大阪南労働基準監督署は、平成2711月に賃金不払いをしたとして、イタリアン肉バル「あべのダイナー」を経営しているWinson㈱(大阪府大阪市阿倍野区)と同社代表取締役を労働基準法第24条(賃金の支払い)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 同労基署は、労働相談を受けたことから賃金不払いの事実を把握した。是正指導を行ったものの賃金が支払われなかったため、捜査を開始。2810月には強制捜査を実施している。「学生バイトなどが多く、出入りの激しい職場だったため、正確な被害実態が把握できない」と話している。

【平成29年3月16日送検】

あわせて読みたい

ページトップ