安全装置のキー適切に保管せず送検 大阪中央労基署

2017.03.30 【送検記事】

 大阪中央労働基準監督署は、プレス機の安全装置を適切に保管しなかったとして、金属プレス製品製造業の㈱日進工業(大阪府大阪市生野区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。平成28年8月、同社労働者が指を切断する労働災害が発生している。

 被災者は、プレス機を使い作業をしていた際に負傷している。同代表取締役は、自らをプレス機の作業主任者に選任していたにもかかわらず、安全装置の切替えキースイッチを適切に保管することを怠っていた。

【平成29年3月6日送検】

あわせて読みたい

ページトップ