小野薬品労組が加盟へ 約3.3万人の産別労組に 薬粧連合

2021.04.06 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 第一三共グループ労働組合連合会など医薬・化粧品産業の労働組合で構成する産業別労組の薬粧連合(浅野剛志会長)は、小野薬品労働組合が4月1日付で加盟したことを明らかにした。新たに約1900人が結集することとなり、薬粧連合は約3.3万人を擁する産別労組となる。

 薬粧連合によると、小野薬品労組が加盟を決めた理由について、同労組が医療政策などの変化に伴い労働環境も変わるなかで強い危機感を抱き、同じ医薬・化粧品産業の労組の産別統一化が必要と考えたことを挙げている。他組織との情報・事例の共有を進め、労働環境の向上や組合員の幸せの実現につなげていくとした。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ